【2016年11月】偏頭痛が4回発生(ゾーミッグ4錠)

月初・月末の生理2回の月にしては、偏頭痛回数は少なめ!

先月(10月)の半ばから、偏頭痛の薬をアマージからゾーミッグに乗り換えて、トリプタン製剤の効き目がよく感じられるようになってきたところですが、今月は、さらに、サプリメントを試すことにしました。

偏頭痛用の「ずきしらずの実」です。

頭痛のサイトで紹介されているように、毎日「ずきしらずの実」を1ヶ月間欠かさず飲んで、さらに偏頭痛が起こった時にはゾーミックを服用して、という過ごし方で、結果、今月は4回の偏頭痛に抑えられました。

月4回の偏頭痛というのは私にとって少ない方ですが、もっというと、たまたま11月は月初と月末に生理が入る、月2回の生理スケジュールだったのですが、それでも4回しか偏頭痛が起こってないという点を加味すると、なかなか好成績かと思います。

1回目:11/1(火)・生理2日目の早朝偏頭痛

6時半:目覚めたら偏頭痛でジクジク(ゾーミッグ1錠)

この日は、生理2日目。早朝から偏頭痛になりました。

実は、前夜(つまり生理1日目の夜)に少し嫌な予感はしていました。

頭の痛みはないけど、なんだか頭がモヤモヤしてスッキリしない状態で眠りました。

よくあるパターンですね。

そして、6時半に何となく目覚めると、ジクジクした痛みの偏頭痛がありました。

寝起きはいつも感覚が鈍っていて、偏頭痛のような気がするのに、半分寝ぼけています。

それでも、これまでの経験から「これは偏頭痛だから、さっさと薬を飲んだ方が良い」と思い、すぐにゾーミッグを飲みました。

そのあと、またベッドに入り、テレビをつけてウツラウツラしながら過ごしました。

11時半:出勤できるレベルには回復

結局、時々目が覚めてテレビを少し見た記憶があるのですが、主に眠って過ごし、覚醒したのは11時半くらいです。覚醒といっても、頭がシャキッとしたわけではなく、起き上がって仕事の支度ができるくらいになったということです。

偏頭痛はいつの間にか消えてくれていましたが、ゾーミッグの副作用か、偏頭痛の重みか分かりませんが、ハツラツと動けるほどではありませんでした。

モソモソと準備をして職場に向かいました。

16時:偏頭痛は消えたが、体はダルく、集中力にはかける

偏頭痛はないですが、もともとの生理のダルさで、あまり仕事にも集中できず、軽めの仕事をこなします。

18時:仕事を早めにあがる

はやめに仕事を切り上げて帰宅しました。

帰り道、外の空気が寒かった…。

冬ですね。

19時半:晩御飯を食べて、はじめて「ずきしらずの実」を飲む

偏頭痛はゾーミッグのおかげで消えていますが、生理のために体がダルくて、頭も含めて体調がスッキリしない状態です。

体を温める意味でも、晩御飯に温かいうどんを食べました。

そして、今月から飲むことに決めていた「ずきしらずの実」を5粒飲みました。

偏頭痛歴が長い私ですが、これまでサプリメントは試したことがなかったのです。

20歳代前半までは鎮痛剤、20代後半からはトリプタン製剤(病院処方の漢方や予防薬もチラッと試したことはあります)で、以降、30歳代の真ん中になるまで。

今回、初めて偏頭痛用のサプリメントを試すことに。

選んだのは、ひとまず「ずきしらずの実」。

21時:スッと体調が軽くなる

シャワーを浴びて、ゆったりしていると、いつの間にか、1日中ダルかった体調が、急にスッと軽くなったことに気付きました。

モヤモヤしていた頭も、かなりスッキリして、仕事モードに戻れるくらいに。

単に、時間の経過で、頭を含めた体調が回復しただけかもしれませんが、「ずきしらずの実」を飲んだ直後だったので、「もしかして、サプリって結構効くの?」とビックリしました。

私の認識では、こういうサプリメントは、起こった頭痛を鎮めるような即効性のものではなく、予防の役割の方が大きいと思っていたので。

23時:仕事モードで集中

今日は偏頭痛や生理で、ほとんど1日を無駄にしましたが、夜遅くになって、やっと仕事ができるくらいに気力が戻ってきました。

やりそびれた仕事を急ピッチで仕上げました。

2回目:11/9(水)・寝る前に発生した偏頭痛

0時:夜から偏頭痛の予感がしていた(ゾーミッグ1錠)

晩御飯のころから、何となく脳みそがジクジクしていて、偏頭痛ではないけど偏頭痛になりそうな状態でした。

このまま騙せそうな感じもしましたが、0時くらいから、痛みの程度が弱いものの、偏頭痛のような症状になって、ものごとに集中もできなくなりました。

翌日がフリーであればそのまま寝ていたかもしれませんが、翌日にひさしぶりに取引先常駐の仕事を控えていたので、朝起きたら偏頭痛という状況を避けたく、ゾーミッグを飲んで寝ました。

7時:寝る前に飲んだゾーミッグが効いて、無事起床

翌朝起きると、偏頭痛は起こっておらず、ゾーミッグの副作用のだるさも寝ている間に終わったようで、その日1日快適に無事に過ごせました。

3回目:11/16(水)・前日から続いていた予感が、ついに偏頭痛に発展

前日の11/15の朝からずっと、右眉の中心部分がコリコリしており、偏頭痛に発展しそうな嫌な予感はしていました。

仕事はできるレベルで、仕事場にも出社はしましたが、その日は1日中、何となく頭が不快な状態で過ごしました。

11月は、偏頭痛用のサプリメント「ずきしらずの実」を実験的に服用しており、毎日欠かさず飲んでいます。
実感として、偏頭痛の頻度が減っただけでなく、偏頭痛が来そうだなというタイミングでサプリメントを飲んだ際に、その後に偏頭痛が起こらず食い止められているように感じます。
そこで、この日も、11/15の朝ごはんの時に、「(この後起こりそうな)偏頭痛が食い止められますように」という願いをこめて、サプリメントを飲みました。
そのおかげなのか、11/15の1日は、右眉がコリコリするものの、偏頭痛に発展することなく過ごせました。

というわけで、サプリメントで何とか抑えられたような気がしたけど、結局は翌日に偏頭痛になっちゃったパターンです。

2時:地味な不快感でも、偏頭痛だと確信(ゾーミッグ1錠)

前日から抱えてきた不快感が、日付が変わった頃から、やはり、ごまかせないくらいになってきました。

厳密にいうと、分かりやすい偏頭痛が起こっているわけではないですが、もう右眉のコリは激しくて、ベッドに入っても不快な状態で寝付けません。

明らかな痛みではないので迷いますが、「これって偏頭痛だよね…」と思って、ゾーミッグを1錠飲みました。

そして、そのまま寝ました。

8時:ゾーミッグが効いてくれた

起床すると、非常に頭がスッキリしていて、ゾーミッグを飲んで良かったと思いました。

11/26(土)・頭の圧迫感を感じて、生理が夕方始まる(偏頭痛なし)

朝から、頭の右側がギューっと萎縮していくような圧迫感を感じていました。

仕事をしながらも、1日中、右眉をコリコリと力強く揉んでいました。

そして、夕方に生理がきました。生理が始まった直後から、それまでの頭の圧迫感がスーッと消えて、快適になりました。

とりあえずは、今回の生理では、生理前の頭痛は起こらずに済みました。

4回目:11/27(日)・生理初日の頭の圧迫感がだいぶ悪化

10時:生理初日の重度の体調不良(頭の圧迫感もあり)

前日の夜に生理になった翌朝、ほぼ生理初日にあたりますが、朝起きたら、生理初日特有の気だるさがありました。

頭は痛くはありませんが、なぜか昨日の夕方までの頭の圧迫感が復活していました。

でも、頭痛ではないので、ゾーミッグを飲む気にはなれません。

最近、平日も土日も関係なく、仕事をしている状態だったので、生理で具合が悪い日は、思いっきり甘やかして全てを休んでしまおうと腹をくくって、ダラダラ過ごすことにしました。

15時:ダラダラ過ごしたが、頭の圧迫感は徐々に進行

一切外出もせずに、暖房の効いた部屋でテレビを観たり、ネットをしながら過ごしていましたが、頭の圧迫感がだいぶ悪化してきましたので、ベッドに横になることにしました。

ウトウトしたり、寝ながら引き続きテレビを観たり。

17時:頭の圧迫感を偏頭痛だと捉えることに(ゾーミッグ1錠)

頭は痛くないですが、もう頭の圧迫感がひどくて、解放されたい気持ちでいっぱいになり、思い切ってゾーミッグを飲みました。

なんとなく、「頭痛」らしい症状がない状態で、トリプタン製剤を飲むのは気がひけるのですが、この圧迫感も偏頭痛なのかも。(いつも悩むところなのですが)

18時半:ゾーミッグが効いた。やはり頭の圧迫感も偏頭痛で間違いない。

ゾーミッグを飲んで、1時間半もすると、頭の圧迫感がスッと消えて、かなりスッキリしました。

頭がモヤモヤせずに、かなりクリアな感じです。

やはり、いつも感じる頭の圧迫感は、偏頭痛の痛み方の一つだと認識しました。

いつも迷って、トリプタン製剤を飲まずに引きずってしまうのですが、今度から、圧迫感・萎縮感も、きちんと偏頭痛とみなして、トリプタン製剤を飲むようにしようと思います。