2016年8月の偏頭痛記録(偏頭痛8回・アマージ5.5錠・鎮痛剤4回分)

直射日光が原因の偏頭痛が多かった

1回目(8/1・月):直射日光による偏頭痛

16時:無意識のストレスと直射日光が原因の偏頭痛か

この日、13時と15時に外出先で打ち合わせがありました。

13時の打ち合わせは金融機関にて。とある審査だったのですが、短時間であっさり終わり、自分としては特に緊張もしませんでした。

とはいえ、無意識にストレスを感じていた可能性はあります。

15時の打ち合わせは物件の契約でした。

私が客の立場なので、全く緊張する必要のないもので、実際に相手先に向かう時にはのびのびしていました。

ただ、打ち合わせ場所の最寄り駅から道に迷い、夏の日差しを頭や首、目に受けながら、ウロウロと15分くらい無防備に歩いてしまったのが良くなかったかと思います。

15時の打ち合わせを終えて、帰りのバスに乗る頃には、体がぐったりしてしまいました。

バスから電車に乗り継いだ頃には、「今夜は偏頭痛が来るかもな」と思えるくらいにダルくなっていました。

帰宅すると、体がベトベトする不快感と具合の悪さで、ベッドでダラダラするのが精一杯。

直射日光は本当に苦手で、必ず偏頭痛が起こります。

目をガードすれば良いのか、頭をガードすれば良いのか、両方なのか分かりませんが。

例え両方ガードしても、多少は具合が悪くなってしまい、完全には偏頭痛を防げません。

帰宅した時点では、体がダルいだけで、まだ頭が痛いわけではないですが、経験則からいって、この手の体調の悪さ・集中力の欠如は、後に偏頭痛になるだろうと予想できます。

19時半:軽度だけど不快な痛み(アマージ半錠を服用)

徐々に頭が痛くなりました。

痛み方は微妙で、まだ重度ではないですが、このままで過ごすのが嫌になる不快な状態に達したので、アマージを半錠飲みました。

頭の痛みのレベルから、鎮痛剤は飲まずに、アマージ半錠だけで様子をみることにします。

21時:回復傾向だが、集中力はなし

偏頭痛はややマシにはなった気もしますが、精神的なダルさが継続するので、久しぶりに自分を甘やかして、ドラマ見ながら寝ます。

いつもなら、この時間はまだまだ仕事です。

2回目(8/6・土):直射日光による偏頭痛

12時:子守で直射日光を浴びてしまう

少し頭がジクジクし始めたような気がしました。

午前中、30分程度、炎天下で身内の幼児のプールに付き合ったことが原因だと思います。

帽子をかぶって、極力直射日光を浴びないように、目に入らないように配慮はしていましたが、やはり私は直射日光に弱い体質です。

14時:偏頭痛を確信(アマージ半錠+鎮痛剤を服用)

昼食が終わった頃、痛みは弱いものの、偏頭痛で間違いないと確信しました。

夜に花火大会に出かける予定があるので、偏頭痛を悪化させるより早めに偏頭痛の芽を摘んでおきたいと思い、アマージを服用しました。

この時点では痛みの程度は低いので、アマージ半錠と鎮痛剤を服用しました。

17時:偏頭痛解消

いつの間にか、偏頭痛も消えており、夜の予定も無事遂行できました。

3回目(8/11・木):前日の直射日光による偏頭痛

7時:前日の直射日光から起床時の偏頭痛へ(アマージ半錠を服用)

起床したら、偏頭痛になっていました。

ズキズキした強い痛みはないものの、頭の右側の芯(右の眉頭から後頭部に突き抜ける直線上)がツーンとする感じと、右の首筋が痛い感じで、起き上がって活動する気にはなれません。

自然に治る感じはないので、すぐさまアマージ半錠を服用しました。

原因は、昨日の昼間の行動かと思います。

昨日の昼間、所用で、猛暑の中トータルで30分ほど外を歩きました。

日傘は差していましたが、やはりダメですね。

用が終わった夕方頃には、首筋や肩が怠く、頭がぼーっとし、偏頭痛が来るかもしれない嫌な予感はしていました。

そのまま帰宅して就寝まで、偏頭痛は来ませんでしたが、体の中で偏頭痛が静かに進行しているのは何となく感じていました。

寝れば消えているかな、という淡い期待も打ち砕かれ、朝起きたら、見事に偏頭痛が起こっていたというわけです。

10時半:アマージが効かない(アマージ半錠+鎮痛剤を追加服用)

アマージ半錠が効いた様子がなく、ますます具合が悪くなっていましたが、目が覚めきったので、頑張って起床して、朝ごはんを食べました。

今日も色々やりたいことがあるので、偏頭痛に負けて寝込んでいるわけにもいかず、朝ごはんと一緒にアマージ半錠を追加で服用し、鎮痛剤も服用しました。

これで、合計アマージ1錠と鎮痛剤のフル装備です。

12時:副作用が強く出る

アマージを追加したのが効いたのか、頭痛はマシになりましたが、副作用としての気だるさ・眠さ・背中がふにゃふにゃする感じがひどくなりました。

14時:偏頭痛は解消、副作用は残る。生理が来た。

偏頭痛はすっかりなくなり、副作用の症状だけが残りました。

また、予定より5日も早く、生理が来ました。

前日に真夏の日光を浴びたことが今回の偏頭痛の原因だとは思いますが、プラスαで、この生理も関係しているのかもしれません。

4回目(8/12・金):生理中のしつこい偏頭痛

10時:起床時からスッキリしない体調、昨日の偏頭痛の再発の予感

実は、木曜日にすっかり飛ばしたはずの偏頭痛も、生理中の不安定からか、朝起きた時点で、分かるか分からないかくらいにボンヤリと再発していました。

はっきりとした痛みはないですが、長年の経験からくる勘です。

脳みそがカラカラするような感じもあり、スッキリしません。

23時半:生理中のしつこい偏頭痛(アマージ半錠を服用)

だましだまし1日を過ごしましたが、夜になると軽度の痛みが出始めたので、はやめにアマージ半錠だけ飲みました。

5回目(8/14・日):生理中の再発した偏頭痛?

9時:起床時に感じた偏頭痛の種

起床と同時に、ボンヤリと偏頭痛の種を感じました。

左の眼球の上側が居心地悪く感じ、左の眉頭から後頭部かけての直線上にも居心地の悪さがあります。

ハッキリとした痛みも出てないですが、嫌な予感だけはします。

しかし、痛いわけでもないので、自然治癒の淡い期待を抱いて、薬は飲みませんでした。

13時:自然治癒を断念(アマージ半錠を服用)

左の眼球を揉みたくなったり、左に首筋がカチカチになるのをほぐしたりして過ごしていましたが、「もうこれは自然治癒にはならないな(いつもならないけど)」と思って、痛みが軽く出た段階で昼食と同時にアマージ半錠を飲みました。

15時:アマージが効かずに、偏頭痛が悪化傾向

痛みが軽いからと半錠にしたアマージですが、やはり半錠だと効果が薄く、何となく偏頭痛が悪化している気がするので、残りアマージ半錠を追加服用するかどうかを迷いながら過ごしました。

23時:偏頭痛がやっと完全に消える

結局、追加のアマージは服用しませんでしたが。夕方遅めになると徐々に偏頭痛も気にならなくなり、夜には完全に消えてくれました。

6回目(8/15・月):疲労と生理中のための偏頭痛

10時:片道2kmを徒歩で往復(1回目)

自宅から2km程の距離のビルに荷物を運び入れる必要があり、電車で行くと遠回りのため、徒歩で片道20分程かけて歩きました。

幸いにも、日差しのない曇りの天気だったため、日光を浴びることもなく、旅行鞄一つと、洗濯カゴ一つ分の荷物を両手に抱えて徒歩移動した後、同じく徒歩で自宅に戻りました。

13時:片道2kmを徒歩で往復(2回目)

荷物の運び入れの第二弾です。再度、片道20分の距離を往復しました。

16時:片道2kmを徒歩で往復(3回目)

荷物の運び入れの第三弾です。

もしかしたら、この辺から、疲労のためか、偏頭痛の種のようなものが生まれ始めていたのかもしれません。

17時半:疲労からか、偏頭痛の予感

全ての荷物搬入を終え、帰宅しました。

さすがに、徒歩で2kmを3往復(トータル12km)したので、体の疲れが出ていました。

頭痛は始まっていませんが、左の眼球が居心地悪く、頭痛が起こりそうな予感はしていました。

ただ、この程度では、悪化せずに消えていくかもしれないという淡い期待が捨てきれません。

19時:偏頭痛を確信(アマージ半錠を服用)

徐々に頭痛がハッキリとしてきて、もう騙せないと分かったので、アマージ半錠を服用しました。

左の眼球の上半分から裏側が痛く、左の眉頭から後頭部への直線上にも鈍い痛みが走っています。

痛みのレベルは軽いのですが、この後に悪化するような予感がしたので、早めに服用しました。

左の首の付け根も固くなっているので、揉みほぐしていました。

21時:アマージ服用後に、急激に悪化する頭痛

なぜか、アマージ半錠を飲んだ直後から偏頭痛の悪化が始まりました。

アマージはすぐ効くものではないのですが、これまでは、アマージを飲んだら安心感も相まって多少気持ちが落ち着き、痛みが徐々に減ることが多かったのです。

それが、最近では、アマージを飲んだ後の数時間で偏頭痛が急速に悪化する傾向が見られます。

それも、アマージを半錠で服用するようになってから。

感覚的には、脳がアマージに反応しているような気がします。

アマージの量が少ないことに対して脳が反応しているか、量とは関係なくアマージ中毒になってしまっており、アマージを飲めば飲むほど脳が頭痛を起こしているのか、分かりませんが。

23時:良くならないまま就寝

頭痛はあまり良くならず、仕事も何もできないので、自分を甘やかして、テレビを見ながらダラダラ眠りに就きました。

翌朝に起きると、偏頭痛はすっかり取れていました。

※ここ数日、なんだかんだでダラダラと偏頭痛が起きていることには、生理も関係していると思われます。

7回目(8/18・木):ダラダラ続く偏頭痛

7時半:ダラダラ頭痛に耐え切れない(アマージ1錠+鎮痛剤を服用)

起床と同時に、アマージ1錠と鎮痛剤を飲みました。

偏頭痛の痛み自体はひどくはないのですが、実は2日前の8/16(火)くらいからずっと頭がモヤモヤとしており、騙し騙し過ごしてきたのですが、「もう無理だな」と思って痛みが軽いうちにアマージを飲むことにしました。

右側の目頭から後頭部に突き抜ける直線上の鈍い痛み、右の眉頭もコリコリした痛みがあり、右の首筋も張っていて強く押して揉みほぐしたい衝動がありました。

2日間かけてゆっくりを進行してくるので、偏頭痛っぽくもないのですが、地味ながらにダメージは大きいです。

この、”薬を飲むか飲まないかを迷うような微妙な痛みやダルさ”のせいで、一切の事務仕事が捗りませんでした。

また、ここまで薬を我慢してしまった理由としては、痛みが軽いこと以外に、アマージが残り1錠しかなく、かかりつけの医院がお盆休みを本日まで取っているため、アマージを切らしてしまう恐怖があったというのもあります。

アマージを切らさないように我慢している自分がいました。

いつもは、残り2-3錠のうちに、かかりつけの医院で追加の処方箋をもらうようにしているのですが、今回は対応が遅く、気が付けば医院が長いお盆休みに突入していました。

油断しすぎました。

お盆休みが明けたら、医院に行ってアマージの処方箋もらいます。

8回目(8/26・金):寝姿勢が悪いための頭痛?

7時:ただのコリ?偏頭痛の前兆?

起床したら、右の首筋が痛く、脳の右半分、右の眼球の上側・裏側が、微妙に痛く感じました。

朝起きた時のこういった不調は、寝姿勢の悪さによるコリなのか、偏頭痛の始まりなのか、判別が難しいことがよくあって、今回もそのような感じでした。

痛みがひどいわけでもなかったので、起きて活動しているうちに自然消滅するのではないかと期待して、薬は飲みませんでした。

12時:集中力なし、食欲あり

仕事場にて業務を行うも、頭の微妙な痛さで集中力が低下していました。

無意識に右眼の上、右眉の眉頭から眉の真ん中にかけての神経(血管?)が気になって、コリコリと揉んでいました。

また、偏頭痛の時に気を紛らわせるために、何かを口にしたくなることがあるのですが、今回もその症状が出始めました。

「口に何かを入れて咀嚼したい」「少しお腹が空いたような気がする」といった状態です。

お昼には早いですが、どうせ仕事に集中もできないので、ランチを買いに出ました。

12時半:偏頭痛確定(アマージ1錠+鎮痛剤を服用)

早めのランチで、おにぎりとコロッケパンを食べました。

そして、偏頭痛も確実になってきたので、アマージ1錠と鎮痛剤のフルセットを服用しました。

最近、アマージ半錠にすることも多かったのですが、半錠だと、偏頭痛が再発して余計に苦しむ時間が長くなっているような気がし始めており、この後に集中力を働かせて今日中に仕上げたい仕事があったので、今回は最初から1錠飲んでみました。

16時:偏頭痛完治、副作用あり

徐々にアマージが効いてきて、16時にはスッキリ完治しました。

副作用のダルさは出るものの、仕事はちゃんとできました。

しかし、8月で8回の偏頭痛。最近、頭痛回数が増えてきたのが気になります。